初期臨床研修(1~2年次)

 内分泌糖尿病内科の初期臨床研修は、群馬大学附属病院の臨床研修センターに協力し、最小1ヶ月単位で選択できます。また、他病院からの研修医も随時受けつけています。

 教授廻診や新患カンファランスに加えて、糖尿病療養指導士、管理栄養士、薬剤師さんを交えた糖尿病カンファランスや外科や泌尿器科、画像診断部、病理の先生方との内分泌カンファランスが毎週行われています。また、定期的に大学全体で、内分泌代謝疾患合同カンファランスを開催しています。

 糖尿病や電解質異常、脂質異常症、甲状腺疾患など頻度高い疾患ばかりで、将来の希望科に関わらず、きめ細かい充実した研修環境のもとで、プライマリーケアーに必要な知識や技術の修得が可能です。

 また、指導医には、全国レベルでの「診断治療ガイドライン」の策定や「厚労省の研究班」の班員も多く、最新の専門的知識と技能について直接指導を受けることができます。

 さらに2年次の研修では、初年度の研修を活かし、糖尿病教室の講師や甲状腺エコーやエコーガイド下穿刺法の基本技術を修得できるよう指導しています。

3年次以降の研修

 3年次からは、大学内や他の病院で初期研修を終了し本格的な内科医を目指す皆さんが内科認定医や内科専門医の取得ができるよう目指します。

 大学病院で後期レジデントとしてさらに専門性を高め学習することもできますし、県下に複数ある関連病院で、初期臨床研修で修得した知識や技術を実践していくことができます。

 4年次以降はさらに専門性を高め、各種専門医を取得できるよう大学病院や連携病院で研修体制が整っています。

 4年次以降はさらに専門性を高め、糖尿病専門医や内分泌代謝専門医、甲状腺専門医などを取得できるよう大学病院や関連病院で研修体制が整っています。

 また、4年次以降のいつからでも大学院に進学し世界的レベルでの研究活動を行うこともできます(詳細は大学院のホームページ:http://XXXXX)。大学院履修期間も臨床を忘れず、さらに高収入が得られるよう関連病院で定期的に外来や検査を続けていきます。

 さらに、希望者には米国を中心に、NIHやハーバード大学を始めとした超一流の研究機関へ海外留学することができます。
 皆さんの若いエネルギーで、未知のことばかりの医学を「世界を一歩でも前へ!」進めることを期待しています。

研修希望者やお問い合わせは、医会長 渋沢 信行:nshibu@gunma-u.ac.jp / 電話:027-220-8121 までお気軽に連絡ください。

内分泌代謝内科の研修システム

様々なキャリアパスに応じた研修が可能です。

研修希望者やお問い合わせは、医会長 渋沢 信行:nshibu@gunma-u.ac.jp / 電話:027-220-8121 までお気軽に連絡ください。

群馬大学附属病院は日本内科学会認定教育施設です。

【基幹となる資格】
認定内科医、総合内科専門医(日本内科学会)

【サブスペシャリティ資格】
糖尿病専門医(日本糖尿病学会)
内分泌代謝科専門医(日本内分泌学会)
甲状腺専門医(日本甲状腺学会)
肥満専門医(日本肥満学会)
臨床遺伝専門医(日本人類遺伝学会)
など